外科・胃腸科・肛門科
特色

外科とは、主に手術によって治療をする診療科です。
近年手術はより侵襲性の少ない方法(体に与える影響の少ない)や機能を温存した方法が選択されるようになりました。例えば、腹腔鏡や内視鏡での手術や乳腺を残しながらの乳癌治療などです。侵襲が少ないほど患者様は早く退院できるため、生活リズムの乱れも少なくなります。
当院の外科は、一般消化器疾患(食道、胃、腸、肝臓、胆のう、膵臓疾患など)と、乳腺疾患(乳癌、乳腺症、繊維腺腫など)の診療を主に行っております。
また、大学病院等と連携することにより、手術や放射線療法と併用して行う際の化学療法を積極的に行っております。
化学療法は、以前は入院による治療が主流でしたが、最近では新しい抗がん剤や副作用を抑える薬、適した医療機器などの組み合わせによって、外来で化学療法を実施することが可能になりました。がんの種類にもよりますが、仕事を続けながら化学療法で治療を受ける方が増えてきています。
当科は、常勤1名と大学病院の非常勤専門医師により行っております。