整形外科
経皮的後弯矯正術

~患者様ご自身の血液成分を用いた治療~ (Platelet-Rich Plasma(PRP)の投与による治療)

■PRPとは?
血液の中には、傷を治す働きを持つ「血小板」という成分があります。この血小板を高濃度に凝縮し活性化させたものが、 PRP:Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)です。PRPにはたくさんの成長因子が含まれていて、細胞の成長を促進する力があります。
当院で使用するPRPは高濃度の白血球を含むL-PRP(Leucocyte-PRP)です。 この力が、人の本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を最大限に引き出し、傷んだ関節軟骨・靭帯などの治癒をうながすと考えられています。


■PRP治療について
患者様ご自身の血液から作製したPRPを患部に注射する治療です。
患者様ご自身の血液を用いるため、免疫反応の起きる可能性は極めて低いと考えられます。
また、採血と注射のみで終わるため、患者様の体への負担も少なくて済みます。
効果や効果の持続期間には個人差があります。

■治療の流れ
治療は日帰りで終わります。原則として麻酔は必要ありません。


ご相談ください