形成外科・美容外科
特色

形成外科とは、主に体の表面にある病気の治療を行う外科系の診療科です。
たとえば体の表面の形や色に関する生まれつきの疾患(唇裂・口蓋裂、小耳症、多指症・合指症・臍ヘルニア・あざ・血管腫など)の治療を行っております。

また、外傷(ケガ)ややけども治療対象です。一般的に「けが」は整形外科、「やけど」は皮フ科というイメージがあるかもしれませんが、特に顔面、手指などの外傷、植皮手術を必要とするような深い熱傷を中心に形成外科が担当します。
骨折は整形外科で治療しますが、鼻・頬・顎などの顔面骨折は形成外科の分野となります。 さらにケロイドやひきつれ等は、傷跡など機能を回復するだけでなく見た目もできるだけきれいに治す治療を行います。

腫瘍や腫瘍手術後の変形についての治療も形成外科で扱っており、主に体の表面の良性・悪性の腫瘍を、できるだけ機能や形態を損なわないように治療をし、他の診療科の手術で失われた組織を修復します。例えば乳癌の手術後の乳房の再建などですが、当院では、乳腺外科と連携して切除直後の同時再建も可能です。 当科は常勤2名と大学病院の非常勤専門医とが連携し、一般形成外科から美容外科まで幅広く診療しています。

医師紹介
坂 いづみ
坂 いづみ 形成外科一般 / 美容外科一般 / 乳房再建 / 美容皮フ科 / 皮フレーザー治療

【経歴】
金沢医科大学医学部卒
日本形成外科学会専門医

【加入学会】
日本美容外科学会
顎顔面頚部外科学会
日本乳癌学会
日本臨床皮膚外科学会
日本抗加齢医学会

【豊岡第一病院 形成・美容外科 専用ページ】
http://www.toyooka1-beauty.com/