婦人科
特色

婦人科とは、子宮、卵巣、卵管、膣などに起こる女性特有の疾患を扱う専門の診療科で、腫瘍性疾患(卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮頸がんなど)、性感染症、更年期障害、不妊、生理不順などの内分泌疾患などを診療します。
当院は大学病院と連携を取りながら、子宮がん検診や更年期外来が主な診療となっています。
子宮がん細胞の増殖はゆっくりといわれています。定期的に検診を受けて細胞診を行えば、がんになる前の段階で診断することができます。子宮がん検診を積極的に受けることをお勧めします。(入間市の子宮頸がん予防ワクチン接種にも対応しています)
女性の更年期障害はホルモン分泌の異常、そしてホルモンバランスの乱れによって起こります。ホルモンバランスが崩れると体調だけではなく心も不調になります。ほてり・のぼせ・冷え・倦怠感・無気力・イライラ等の更年期の症状にお悩みの際は当科を受診してください。
当科は、女性医師による診療を第2・4木曜日(予約制)に実施しています。また2015年10月より毎週木曜日(第1・3・5週は午前のみ、第2・4週は午前・午後)の診療となります。