整形外科
経皮的後弯矯正術

今回は、背骨が押しつぶれるように変形してしまう骨折(脊椎圧迫骨折)のための新しい治療法である経皮的後弯矯正術(バルーン カイフォプラスティ)をご紹介します。


期待される効果:

  • 痛みの早期軽減
  • 生活の質(QOL)の向上
  • つぶれた骨を骨折前の形に近づける

手術の特徴:

  • 手術は短時間(通常、約1時間以内)
  • 傷口は1cm程度(背中側に2箇所)

手術の方法

  • 手術は全身麻酔をして行います。ベッドにうつぶせに寝た状態で
    バルーン(風船)状の手術器具や医療用の充填剤(骨セメント)
    を用い、レントゲンの透視装置にて骨の状態を確認しながら手術を
    行います。

ご相談ください

バルーン カイフォブラスティは、1990年代にアメリカで開発された、新しい治療法です。日本でも治験を行い、
その安全性と有効性が確認され、2010年2月に厚生労働省の承認を得ました。
(※出典:メドトロニック ソファモアダネック株式会社)